パソコン

A/Bテストでサイトの改善点を見つけられる!

期間を決める

パソコン

A/Bテストには色々な事例があります。事例としては、商品のキャッチコピーについてテストを行っています。キャッチコピーがユーザーに分かりやすく説明していれば、売りとなるポイントを伝えるよりか、ネットなどでシンプルに行った方が、購入に繋がりやすいでしょう。A/BテストのAのパターンとしては、商品のおすすめのポイントを訴求、Bのパターンはサイトの中にあるジャンルでどれだけ人気がるかなどで調べることができます。このA/Bテストで行った結果、Bのパターンの方が改善のパーセンテージが約40%も変わりますし、シンプルに伝える方が、ユーザーの人も分かりやすいのではないでしょうか。また、キャッチコピーだけでなく、レイアウト事例もあります。レイアウトであれば、商品の見せ方のテストを行い、ユーザーが購入しやすいように検証させることがきます。商品が見やすいことで、売り上げ増加に繋げられるでしょう。

A/Bテストを行う際の注意点としては、同じ時期や期間、条件で行いましょう。A/Bテストを行う商品によっては、その季節でしか使用しないものもあります。ですので、同じ期間に行わないといけないのです。同じ期間で行ったA/Bテストは、各要素で買ったものを組み合わせることによって、最強のクリエイティブになるでしょう。一定の期間が終われば繰り返して行っておくと良いでしょう。このテストを行う際には、全体のスケジューリングが大切になってきます。計画性を決めておけば、AとBの明確な差がつかなくて困った時でも、立てたスケジュールを進められるのではないでしょうか。